近親相姦の本質、それは人間のDNAに組み込まれた欲望。

近親相姦のディープな世界へようこそ。その歴史は意外にも深く、それはグリム童話などの物語や聖書などの教典、また王家存続の系譜の中にしばしば登場します。キリスト教、特にカトリックなどの宗教では血縁者間で性的交渉を持つことはタブーとされてきましたが、一方ギリシア神話や日本神話では兄弟姉妹及び親子間での婚姻が当たり前の慣習として登場しています。これは純粋な血統の濃さや正統性を尊んだためで、その結果、神々の権威やカリスマ性は絶対的なものとして保たれていたのです。近親間での肉体関係が不道徳なものと認識されるようになった現在でもその文化は人間の本質の奥底で受け継がれています。当「禁断の血縁関係」は、そんな生々しくも魅力的な体験を赤裸々に告白し、動画を配信するサイトです。


世界中の王族や貴族の家柄はその由緒正しい血筋を守るために近親婚が容認されていた時代があります。それは現代の一般的意識や常識とは全く異なり、純血を尊重しすぎたために他家の血筋が入ることを嫌い、むしろそれが慣例化していました。日本も例外ではなく、皇室が古代より近親交配を繰り返してきたことによってその高貴な血統の純潔性を保ってきたことは有名です。しかし近世に近づくにつれ禁忌視される傾向(インセスト・タブー)が強まってゆき、日本では戦後に制定された民法によって完全に禁止されました。


知られざるインセストの世界 〜Incest〜
受け継がれる血の系譜、それは本能に刻まれた贖うことの出来ない欲望。
血が濃くなれば濃くなるほど惹かれ合う現実。そして辿り着いた先は世界の果て。
ノンフィクションの近親姦が味わいたいという末期の方はこちらへ・・。
体験談 実録!実体験赤裸々告白