メス豚の叫び  〜Pig Scream〜

メス豚・・それは己の欲求のために全てを捧げる性欲の奴隷。絶対的な主従関係に支配された養豚場で今日も畜産されてゆく。歓喜の声を上げながら・・

飼い主である牧場主は家畜を飼育しながら今日も叫ぶ。「このメス豚がぁぁぁ!!」食欲の赴くままに餌を貪る雌。果たしてこの雌どもに理性はあるのか!?



ENTER


メス豚の歌


雌豚・・それは女性をののしるために使われる言葉である。なぜそのように使われるようになったのか?理由はユダヤ教の観念にある。ユダヤ教において女性は汚れた者とされ、豚も同様の扱いを受けていた。他にも豚をけがれの象徴とする宗教として有名なのはイスラム教である。イスラム教はもともとユダヤ教の影響を受けて誕生したものなので、豚に対する思想もそのまま受け継がれたものと思われる。イスラム教徒(ムスリム)の間では豚がタブーとされ、一方ヒンドゥー教では牛が神聖なものとされている話は有名だが、食べてはいけないことに関しては一緒でもその理由は対照的である。家畜の歴史は古く、最も古い家畜は紀元前1万年前に飼育されていたイヌだと言われている。豚の飼育が始まったのは紀元前8,000年頃で、イノシシが祖先だと言われている。ブタはしばしば見下す表現に使われるが、人間にとっていなくてはこまる大切な存在なのである。女性も同様、いなくては人間の繁殖はあり得ない。人類繁栄において必要不可欠な生物なのである。この牧場はこの男性の欲望を大いに満たすことが出来る尊重すべき動物、女を調教している農場である。




Copyright © 2008 kinsin-syoujo.com All rights reserved.